DAC-113 BACK TO THE GRAVEYARD

DAC-113 BACK TO THE GRAVEYARD

販売価格: 3,200円(税込)

在庫なし
SOUNDBOARD RECORDING FROM EUROPEAN TOUR 1973
NEWCASTLE & FRANKFURT

独OBRレーベルよりリリースされていた’73年ユーロピアン・ツアーの サウンドボード音源集がリマスタリング音源使用で装いも新たに新登場。 ロンドン9/9、ニューキャッスル9/13、フランクフルト9/30、ブリュッセル10/17 の4つのロケーションからの収録で、「NASTY MUSIC」とは一切ダブりません。 元々は「DOWN IN THE GRAVEYARD」というタイトルでラジオ・ルクセンブルグ でオンエアされたSBD音源とツアー初日のウイーンでのAUD音源をコンパイル したものでしたが、その後ウイーン音源についてはVGPより「GOODNIGHT VIENNA」(2CD)で良質なマスター音源で同公演が完全収録されたため、 ウイーン音源をカットし、ラジオ・ルクセンブルグ音源もより状態の良い テープより差し替え、’96年にLPとCDの2パターンでリリースされたのが 本タイトルになります。OBRよりのリリースは限定盤のため新品当時から 高価で二の足を踏むコレクターもおられたようですが、LPとCDのどちらも 今ではすっかり見かけなくなり、稀にオークション等に出品されても驚くような 高額で取引されているようです。今回のDAC盤ではインナーにOBRのLPの アートワークを模したりしてリイッシューの形式をとっていますが、音源は OBR盤より一切コピー使用せず一段階前の元音源より再構築する形で構成されて います。ラジオ・ルクセンブルグ音源のニューキャッスルとロンドンでの5曲は、 4曲のマスター音源と1曲のエアチェック音源で構成されていますが、その エアチェックの「MIDNIGHT RAMBLER」は過去最長で最良のクオリティで収録。 またブリュッセルのセカンドショーでの卓直音源は初出のマスターからで 「TUMBLING DICE」の曲の前後を過去盤よりも長く収録しています。また 英BBC-TV「OLD GREY WHISTLE TEST」にてオンエアされたとされる、ラストの フランクフルトでの「STREET FIGHTING MAN」はロージェネ音源より収録し 今回大幅に音質が向上しました。またCD全体のトータルタイムもOBR盤に比べ 1分以上長くなっています。全編サウンドボード音源で統一された聴き易い音質で ミック・テイラー時代のマニアから初心者の方まで広くオススメのタイトルと 言えます。
DAC-113 BACK TO THE GRAVEYARD

販売価格: 3,200円(税込)

在庫なし